06日 10月 2018
すごくどうでもいいし急だけど、 ふわっと思い描く夢と、 割とリアルに考える夢ってあるじゃないですか。 私、本当は小説家になりたかった。 絵本作家にもなりたかった。 というかとにかく、作家になりたかった。 本を読むのは大好きだったし、 物語を考えるのも大好きだった。 小さいころ、 紙を折ってセロテープで 背表紙をとめて作った本を 沢山書いてた。...
03日 9月 2018
愛すべき、 それはそれはもう、THE 愛すべき。 って感じの人間。 幸せなことに、 私の周りには沢山いる。 でも、上手く愛されなくて苦しそうに見えてしまう時があったり、 実際、苦しいって言ってるのもちょっと聞く。 「まぁ言っても、 別にそんな気にしてないんだけどね!」 って笑顔で言ってるのを、 一体何度聴いたら心は痛まなくなるのか。...
28日 6月 2018
いつも。 笑ったり、我慢したり、犠牲にしたり。 理由もなく泣けてくるのは、 どれかのしわ寄せなんでしょうかね。 駅のホームで、電車待ってて。 なんかわかんないけど、 いや本当は全然わかんなくないんだけど。 泣けてきてさ。 きみはきっとつかれてるんだよ。 充分よくやってるよ。えらい。 そんなきみにどうかせめて、 穏やかな夜が訪れますように。...
13日 6月 2018
昨日はshibuya eggmanでの自主企画『ライラックの香り』だった。 本当に出演を決定してくれた六組の演者にも、 来場してくれた沢山のお客様にも、ライブハウスのスタッフさんにも、感謝しかない。 さて、実はバリバリに体調を崩していて、昼間にいったん下がった熱がぶり返し38℃の熱に浮かされながら、...
03日 6月 2018
私は、普通に私として生きていくことを目標としているけど、 中には私の普通を理解してくれない人もいるから 「変だね」 とか 「おかしいね」 って言われて本当に嫌気がさす時がある。...
21日 3月 2018
日付変更線の向こう側、について。 改めて思い出したんだって話を、ついこの間のライブで話した。 別に話す気も無かったんだけど、何となく。 あのね、 「朝がやってくる前に、 流れた星のことを思う」んじゃなくて、 「朝がやってくる前に流れた星のこと、 を想う」んだよ。 朝ってのは、なんだろうね。 どれがあの星にとっての夜明けだったんだろうね。...
14日 3月 2018
夜の話、 泣いてばかりいる。 悲しかったり、 寂しかったり、 苦しかったり、 悔しかったり、 はたまた嬉しかったり、 まちまちだけど。 こんな痛みもきっといつか 癒えるんじゃないかな って思ってたけど、 恐らくいくつになっても、 いつになっても。 でも、 一緒に歩いて行けるよ。 大丈夫。 もう、寝る。
11日 3月 2018
みんなみんな変わってゆくのよ。 せっかく芽吹いた種だって、 新しい風も入れず、 面倒臭いからって過去にあげた大量の水が乾かないようにって新しい日の太陽にも当てず、 そうしていると 根っこから腐っちゃうのな。 私が昔、一番最初に花を育てた時、 風通しも日当たりも悪いベランダで水をあげすぎてかすみ草を枯らしたみたいに。 …倒置法。 うん。...
21日 2月 2018
良い音楽に出会うことと、 良い人に出会うことと、 これから何回あるだろう。 嫌なものと向き合うことと、 大切なものとさようならすることと。 数え切れないくらい。 せめて今持ってるものくらい、 大事にしてたい。
14日 2月 2018
なんも、ない。 なーんもない。 けど、大泣きしてる夜も あるよねーって、言ってください。 いや、やっぱいいや。 一人の部屋で、 さようならの歌をずっと。 時々起こる癇癪みたいな拘りによって 多分鉛筆と罫線の引かれた紙じゃないと書けないって思っていて、 でも結局少しも筆が進まなかった。 これ、綺麗な日本語じゃ、ないね。 最近のこと。...

さらに表示する