普通。

私は、普通に私として生きていくことを目標としているけど、

中には私の普通を理解してくれない人もいるから


「変だね」

とか

「おかしいね」


って言われて本当に嫌気がさす時がある。


でも「普」という字には「一面に広がり渡る」みたいな意味があるし、「通」にも「とどく、つきぬける」みたいな意味があることを考えれば、私の『普通』はただの『理想』でしかなくて、いわばマイノリティーとかいうやつなのかもしれないね。まぁ知らんけど。


でもそれを言ったら普通の基準、

いわば「普通の普通」って何ぞ?って話であって。


私が大多数なのか、君が大多数なのかは、

一概には分からないだろう。

学校ではおかしくても日本では普通かもしれない。

日本では普通でも世界で見たらおかしいかもしれない。

世界でおかしくても宇宙じゃ普通かもしれない。


じゃあきっと私も君も本質的な「普通」というものを理解するには大分時間がかかるし、そんなことを気にしてる位だったら「普通」とか「理想」とかどうでもいいから生きたいように生きられる方法を探してる方が有意義なんだろう。


何が言いたいのかなんて、

いつも全く分かっちゃいない。

それでいて伝えようなんて、傲慢だろうか。

傲慢だね。ごめんね。


でもつまりは、


色々、

あんま気にすんな。


ってことだな。たぶんたぶん。



たまーに、

「変だけど、アーティストとしてはそれがいい。」

みたいなことを言われる。


私は大衆の中の非常につまらない、

何も変わり者じゃない自分を

どうしようもなく感じてしまうからこその歌を描いているつもりなのだけども。

つもりだからか。つもりだからなのか。

やるせない。というのは、おかしいか。



どうか良い夜を。