針の筵

針の筵、である。

どこへ行っても、何をしてても、

どれだけ幸せを感じても。

いつだって痛い。

痛いまま、なんだよな。