今日も今日とて。

自分じゃどうにもならないわだかまりを、

時間がどうにかしてくれるはず…

ってそのままにしておいた。


実際その時のことがちょっと

笑って話せるようになって、

自分も悪かったって認めることが出来るようになったし、

毎日のように感じてた息苦しさだって、

全然平気になった。


それでも、やっぱり

わだかまりはわだかまりのまま、だ。

中学の時に埋めたタイムカプセル。

手紙を開けてみれば、

「いい加減、現実と向き合えていますか?」って。


ごめんね。

君の思ってた大人にはまだなれそうにありません。

それでも、今日も今日とて。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ヘイ (日曜日, 07 1月 2018 13:51)

    若いのですからこれからですよ♪
    と、思いつつ良く読むと中学の頃から現実逃避してたのでしょうか?( ̄▽ ̄;)
    今日も今日とて⋯
    昨日までが辛すぎる日々だったのなら今日も辛いでしょうね(´・ω・`)
    でも、生きてりゃ辛い事の連続ですよ!
    辛い事が多いから嬉しい事が強調されるのでしょうね♪苦しい事、辛い事を乗り越えて頑張ってください。嬉しい事の為に!

    命短し恋せよ乙女♪

  • #2

    でいしー (水曜日, 10 1月 2018 01:43)

    さのめさんて言葉の探求者だなって思う。探求して見つけ紡いだ言葉を感情とリズムに乗せて研究発表するみたいな。
    今はまだ言葉の可能性と端を探し求めてるのかな。
    あとどうしても暗い過去があるように聞こえるのがこのわだかまりなのかな
    気持ちが沈む曲を聞きたいって人はなかなか居ない。つまり聞いてくれるお客さんを楽しませる為に歌を作ってるのではなく、探求してできた最高の歌をみんなに聞かせたいんだなって思う。
    今はまだ方向性を探ってる最中かもしれないけど何がしたいのかは自分の中に持ってるんだな。
    頑張り過ぎた後は息抜きもしよう(´ー`)

  • #3

    あなたを聴くもの (金曜日, 02 3月 2018 08:40)

    『黒には黒、白には白』

    ブログこんなに更新されていたのですね。

    “私が全部吹き飛ばすくらい良い音楽やればいい話か。”

    (弾き語りでいうと)
    コレサワの「たばこ」のような感じでしょうか。被り物してマスには顔出さず、ライブでしか本人が現れない。しかし曲は多くの人に知られ、名曲と評価されている。コレサワのライブは数度しか見ていないし、CDの聴き込みもそれほどでもないけれど、すぐに曲のフレーズが浮かぶ。

    あなたの曲、「この一曲」というのが、浮かぶようで、まだ浮かばない。多くのいい曲があると思っているし、ライブは興味深いけれど。
    これは、あなたに限らず、同じように活動し、同じようなところにいる人たちに共通すること。

    あなたは、俗に言う、”可愛い”です。可愛いは誰しも愛でたい。また”どんどん黒く”もなっている。”可愛さ”、”黒さ”を感じさせない人もいますが、今のあなたは両方を感じさせます。

    あなたの、「この一曲」というもの、いつか世に出ること、”ある”と思っている。そんなことも思いながら、今は”可愛さ”、”黒さ”も見ています。